インド紀行

 
南インド産地巡りの旅
 
 
夜22時頃だろうか、ジェット機の窓の下には
チェンナイの街の灯りがゆらゆらととても輝いて見えてきた。
 
成田を出発しシンガポールで乗り換え、
南インド チェンナイへ。
 
今回、取引先である廈門豪逹の社長、曾さんと一緒に
検品、取引に同行させていただいた。
 
南インド
インド材産地巡り旅のはじまりである。
チェンナイ、バンガロール、ハイデラバード、マハバリプランなど
観光は2日ほど、10日間は石の産地、工場の視察に明け暮れての旅であった。
 
黒の銘石、本クンナム、カルサヌール、M1-H、Y-1、カラハリ、MD-5などなど、やはりインドはデカイな!!
 
新しい石種が産出したとのことで、呼名もないとのことで
命名をお願いされた一幕もあった。
 
車での移動も永く車窓からみえる景色はボーッと眺めているのに最適であった。
 
また、この国を訪れたくなるのは何故なのだろうか。